So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2014年08月 |2014年09月 ブログトップ
前の10件 | -

林家こん平師匠が24時間テレビに登場!姿を見て感動した! [芸能]

笑点などで活躍していた落語家の”林家こん平”師匠が24時間テレビに登場。
10年ぶりとなる姿を見た人々から驚きと感動の声が多数。

ビックリしました。
何気なく24時間テレビを観ていたら・・・

こん平師匠が登場しました。

えっ、マジで?
24時間テレビのスケジュールなどを確認していなかったので、ホントに驚きました。

そういった感じになったのは私だけじゃないはずです。
笑点の大喜利メンバーを離れて10年だそうで、正直10年も経った気がしなかったですね。そう思うのは、あの元気な声が弟子のたい平師匠に受け継がれているからでしょうかね。

さて、24時間テレビに登場した師匠についてすこし触れていきましょう。

――――――――――――――――

笑点などで活躍し、お茶の間を爆笑させていた林家こん平師匠。
大喜利メンバーとして記憶している方もかなり多いことでしょう。

落語協会では理事にまでなったほどの人物ですが、2004年に声帯を患ってしまい姿を消しました。大喜利のメンバーからもいなくなってしまいました。
ちなみに後を受け継いだのが、弟子の林家たい平師匠です。
最初は代理で出演し、現在ではメンバーとなっています。


その難病なのですが、多発性硬化症と呼ばれる症状です。
さらに2013年には糖尿病を併発してしまいました。

しかし、今年の24時間でリハビリをする師匠の姿がテレビで放送されました。
万全な姿ではなく、声も掠れていた状態ですが、久しぶりに登場したその姿にネットでは大騒ぎとなりました。


―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


師匠の登場に思わず泣きそうでしたよ。

10年前から笑点を見ていた私としては涙ものでしたね。
リハビリ中で苦しいでしょうが・・・

いつかまた、大喜利でみたいですね。

声が上手くだせない状態のようですが、師匠の明るさと気合いなら、と思ってしまいます。
実際にそういうタイプの方ですからね(笑)

その日をテレビの前で待っていたいと思います。


さて、ちょっと話題が変わりますが「多発性硬化症」についてですが・・・
この難病は「アイス・バケツ・チャレンジ」で騒がれているALS(筋萎縮性側索硬化症)よりも多くの患者がいるそうです。

アイスバケツチャレンジはチャリティー目的のチャレンジなので、別の難病について触れるのもいいのではないでしょうか。
マスコミにはそういうことを積極的に取り上げてもらいたいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

千葉県富津市にある立ち入り禁止の場所でBBQした男女を救助!救助費用ってどうなるの? [事件&事故]

千葉県富津市の岬から1キロの沖合に浮かぶ第1海堡で8月30日午後、10人の男女が勝手に上陸してBBQなどで楽しむ事件が発生。
118番通報があったことで10人を無事に救助。


さてさて、このニュースを取り上げていきましょう。
ちょっと呆れてしまうニュースですね(苦笑)

若気の至りというか、残念すぎる騒動でした。
事件といってもいいですね。

まずはこの報道についてわかりやすくお伝えしたいと思います。

―――――――――――――

千葉県にある富津岬から約1キロの沖合に浮かぶ第1海堡に8月30日午後、21~23歳の男女10人が上陸。
そこは立ち入り禁止の場所で、江戸時代の砲台の跡でした。

男女は勝手に上陸すると、BBQ(バーベキュー)や海水浴をしていました。

木更津海上保安署によると、同日の午後4時ごろに「第1海堡に上陸した友人を救助してほしい」と男子学生から118番通報がありました。
富津漁協の救助船が2隻出動し、10人を救助しました。

通報した男子学生はボートで第1海堡に友人たちを迎えに行く途中、浅瀬で座礁したとのことです。


―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


この報道ですが、擁護の言葉はないですね。

立ち入り禁止の場所に勝手に上陸し、そこで遊ぶとは・・・
モラルとか常識が欠如しているとしか思えないですね。

ちょっと調べると、この場所は崩落の危険や不発弾埋没の可能性があるとされています。

大事にならなくてよかったですね。
素晴らしいのは通報した男子学生が118番を知っていたことですね。これはホントに賞賛です。


ここで気になったのが救助費用です。
費用は誰の負担になるのでしょうか?

・・・10人に負担させるべきでしょう(笑)

税金は使ってほしくないですね。
まあ、この10人にはきつい説教が待っていることは間違いないでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

矢口真里が9月に復帰する?ネットでは怒りと呆れの声が多数! [芸能]

芸能活動休止中のタレント、矢口真里が8月31日のインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に電話出演。
ネットでは出演に怒りと呆れの声が多数。


さてさて、これはビックリしましたね。
最近では名前を聞かなくなったあの矢口さんが・・・

電話とはいえ出演とは。

これは9月から本格的に復帰するという意思の表れでしょうか。
まあ、いずれ復帰の意思があるから出演したのでしょうがね(苦笑)

ネットでは今回の出演に対して批判というか、呆れ半分の声が多くなっています。

―――――――――――――

8月31日にインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に矢口真里さんが電話出演。

この出演は元モーニング娘。の保田圭さんが親友の矢口さんい電話をかけ、折り返しの形で電話が来たものです。
音声は入りませんでしたが、岡村隆史さん、つるの剛士さんと会話する様子が5分ほど流されました。

岡村さんは真剣な表情で優しい言葉を送り、つるのさんは楽しそうに会話をしていました。
番組はその後、感動的な雰囲気に包まれたそうです。

ちなみに矢口さんがこの番組に出演するのは2回目です。
その際も電話という形でした。

今回の出演ですが、視聴者たちにはあまり受け入れられなかったようです。
しかし歓迎する声もあり、賛否がわかれているといったところ。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


これは間もなく復帰でしょうかね。

この件に関して個人的に言及することはないのですが、感動的?
どうして感動的になったのでしょうかね。
ユルい番組なのに感動ってちょっと不思議ですね。

復帰はどうでしょうかね。
私の知識は週刊誌やテレビで得たものですが、記憶が確かなら矢口さんが悪かったような気がしますけど(笑)

ネットでは批判的な意見がありましたが、その中で圧倒的に多かったのが”謝罪”についてです。

重要なのは謝罪会見でしょうかね。
あの不倫騒動の後、ファンの前で謝ることがなかったので批判をしている方が結構多いようですね。

受け入れられるかは不明ですが、そういった誠意を見たがっている方も多いようですね。
とはいえ、復帰するかどうかも不明ですが・・・

可能性はあると思うので、今後注目していきたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

京都市役所で女性が現金200万円を入れて立ち去った!名乗らない英雄に賛辞! [社会]

京都市役所の1階案内所に設置されている8月豪雨義捐金箱に現金200万円を入れた。
女性は名を告げずに現金を寄付すると立ち去って行った。

これは格好いいですね。
憧れですね、痺れますね、英雄ですよ(笑)


現金を寄付することだけでも素敵なのに、名乗らず去るとは・・・

ホントに英雄ですね。
名乗ってもよかったけど、特に名乗る必要もなかったってことでしょうかね。

さてさて、この報道について詳しい情報をお伝えしたいと思います。

――――――――――――――

この英雄が現れたのが8月29日でした。

京都市役の1階にある「8月豪雨の義捐金箱」に現金200万円を入れ、名前も告げずに立ち去って行きました。

70代くらいの女性だったとのことです。

女性は職員に「テレビで義捐金箱があるのを知った。寄付がしたい」と話して、バッグから札束を出したとのことです。

その行為に驚いた職員が名前を尋ねたが・・・

「顔も名前も知られたくない」と正体を明かしませんでした。
そして、名前を明かさずに去っていきました。

この寄付を受けて市は「多額のお金を託した女性の思いを大切にしたい」と話しています。

――――――――――――――――
スポンサーリンク




――――――――――――――――

これは完全に英雄ですね。


ただ、名前くらい明かしてもよかったのではないかとおもいますがね(苦笑)
きっとシャイな方だったのでしょう。

立派ですね。
ネットでもこの行為に賛辞を送るものが多数です。

仮にお金があってもそうそうできることではないですよ。心が優しく豊かな方なのでしょう。
このお金で多くの人が救われることを願いたいです。

しかし、問題はこの義捐金がどう使われるかですね。
被災者の肩のために使用してほしいですね。使い道を明瞭にしてくれればさらに寄付してくれる方も増えるのではないでしょうか。

被災地の一刻も早い復旧が求められます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【画像】黒部市三日市の男性が割り箸で作り上げた芸術作品!1年をかけて姫路城を作成! [社会]

黒部市三日市に住む75歳の男性が使用済みの割り箸を利用して姫路城本丸と東京駅丸の内駅舎を作成。
1年を費やした大作が黒部市民会館に飾られている。


このニュースは是非とも取り上げたかったところです。
割り箸による芸術です。

画像はこちら

でかいですね(笑)
よく1年でこれだけのものを作ったものです。
執念というか、努力というか、すごいものを感じますね。

さて、この割り箸による姫路城作りについての報道をわかりやすくまとめていきましょう。

――――――――――――――――

この割り箸を作成した男性の妻が飲食店を経営しており、そこで大量に捨てられる割り箸を発見。
割り箸をどうにか有効活用できないものかと、10年前から細工を始めました。

作る作品は建造物を題材にし、美しいデザインや話題になったものに挑戦しているとのこと。

図書館で借りた本を参考にしたり、現地に行って写真の撮影もするそうです。
これまでに数十点を手掛けています。

今回報道された姫路城はもっともスケールの大きな作品。
使った割り箸の数がわからないほどで、1年をかけて制作されました。

男性は「多くの人に見てもらうと励みになる。また新しい作品に取り組みたい」と話しています。


―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


世の中って広いですね。
割り箸でこれだけのものを作る人がいるとは・・・

ちなみにですが、屋根の曲線の部分では熱湯につけながら割り箸を曲げていったとのことです。

加減が難しそう(笑)

しかし、こうして割り箸を有効活用するっていいですね。
捨てられるもので人を楽しませるって素晴らしいと思います。

今後も作っていくとのことで、楽しみです。

さてさて、ちょっと個人的な感想を。

この姫路城・・・

若干バランスがおかしい気が?

これは恐らく割り箸を原型で使っているからでしょうかね。
寸法の関係で自由が効かないってところですか。

いらないところを切ったりしたら、さらにクオリティが上がりそうですね。

そういった意味でも今後ますます期待です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

将棋の電王戦が2015年春で終了!今後はタッグマッチに移行! [サブカル]

ニコニコ動画で人気の将棋電王戦が2015年3月~4月に行う戦いで最後に。
今後はタッグマッチとなり、人間と機械がペアを組み協力戦。


これは残念なニュースなのか、嬉しいニュースなのか。
あの電王戦が変化します。

電王戦といえばプロの将棋棋士とコンピュータの壮絶な戦いですね。
最近ではコンピュータのほうが優勢で、今ではプロ棋士が挑むような形になっていますね。

ニコニコ動画の生放送で大人気であり、常に数十万の人が訪れます。

その電王戦が変わるのです。
まずは報道されている内容についてわかりやすくお伝えします。

―――――――――――――

ドワンゴは8月30日、団体戦形式の「将棋電王戦」を来年の春で終了すると発表しました。
2016年からは人間と機械がペアを組み協力して戦うタッグマッチ形式にするとのことです。

ちなみに団体戦形式での戦いは過去に2回行われ、いずれも機械側が勝利しています。

団体戦は来年の3~4月に行う「将棋電王戦 FINAL」を持って最後となります。
この最終戦に出場するプロ棋士の発表は10月12日です。

将棋連盟の谷川会長は「本気で価値を取りに行く最強布陣」で挑むと発言しています。

勝負の行方はどうなるでしょうか・・・


――――――――――――――――
スポンサーリンク




――――――――――――――――


個人的な意見を最初に述べますが、残念です。

人間VSコンピュータ

私はかなり楽しみにしていました。
人間とコンピュータの白熱する戦いですよね。
最後というのなら、是非ともタイトルホルダーの出演を願いたいですが・・・

日程的に難しいのでしょうかね(苦笑)

しかし、今後はタッグマッチですか。
人間とコンピュータの共存とのことですが、どういうことでしょうかね。

人間とコンピュータが1手交代で指す、とかですかね?

どういったルールになるか不明ですが、楽しければそれでよかったりします。
ただ、続けてほしかったです。

この廃止の理由ですが、ファンからの人気が高い一方で、プロ棋士が負ける姿を見たくないという声があったようです。
その気持ちも確かにわかります。

終了は来春が最後とのことなので、それを楽しみにしましょう。
でも、出来れば特番とか復活してほしいな(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

118番通報はどこに繋がるの?知らない人は絶対に覚えておきましょう! [社会]

海上での事故&事件の発生時の緊急通報番号は118番です。
昨年受理した通報で正しい通報はわずか0.4%だったことがわかった。


このニュースにはビックリしました。
118番通報で正しかったものはたった「0.4%」とは・・・


申し訳ないです、私も知らなかったです。


そもそも118番が通報ということすら知りませんでした。
天気予報とか時報の類だと思っておりました。

で、でもねっ、知らない人も多いと思います(汗)
あまりに浸透率が低いというか、これまでの人生で聞いたこともなかったです。

さてさて、まずは118番についての情報をまとめてみましょう。

―――――――――――――――――

第五管区海上保安本部が2013年に受理した通報のうち、正しい通報は全体の0.4%だった。

その大半がすぐに切ったり無言電話だったとのこと。

この118番通報は平成12年に海上保安部が”海上での事故に対応するため”に導入されました。
しかし110番やら119番と比べてまだまだ認知度が低いですね。

五官本部では昨年、10万以上の通報を受理し、このうち海上に関する通報は445件だけだったとのこと。
その内容は無言が大半でした。

また、119番と間違えたという内容も多かったとのこと。


―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


これは自分の弁護をするわけじゃないですが、正直知らない人も多かったでしょう。

通報の正解率でもわかりますね。

理由もはっきりしていると思います。
完全に”浸透率”が問題でしょうね。


陸上の事故=119番

海上の事故=118番

CMなどを流してこの事実を伝えるのが重要だと思います。
知って損はないどころか、知らなければまずいことだと思います。

特に魚釣りをする人にとっては必須ですよ。
それに海などの水辺で遊ぶ機会が多い人も頭に入れておいたほうがいいです。

まあ、通報するような事故が起きないことが一番ですけどね(苦笑)


118番について浸透率が上がればいいですね。
それには・・・

テレビやネットでCMを流すのが一番でしょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ハローキティは猫じゃなかった?サンリオは”女の子”と見解を発表! [サブカル]

世界中で愛されているサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」は猫ではなかった。
サンリオは女の子であると見解を示した。


ビックリしました。
これはもう取り上げるしかない話題ですね。

キティちゃんが猫じゃなかった?

どうでもいいと思った人もいるでしょうが、全然どうでもよくないですよ。
私は完全に猫だと思っていましたからね。まあ、性格にはメスの猫だと思ってみていましたが、実際にはその逆だった様子です。

さて、まずは報道されている内容についてわかりやすくお伝えしたいと思います。

―――――――――――――

キティの著者である文化人類学者のクリスティン・ヤノ氏が、キティ誕生40周年を記念して展示会のための原稿で「キティを猫」と書いたところ・・・

「猫ではない」と指摘を受けました。

サンリオは「彼女は猫ではなく女の子。二足歩行もするし、彼女自身が『チャーミー・キティ』という名前の猫を飼っている」と説明しました。
実際にホームページではキティをハートのやさしい女の子としています。

このサンリオの見解を欧米メディアが大きく取り上げています。
そして、世界中で波紋が広がっています。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


平和な話題ですね(笑)

しかし重要な話題ですよ。
見た目は完全に猫ですからね。そう思っていた人も多いことでしょう。


この話題は世界、日本でも大きな波紋となりそうです。
ということは、日本で言うところの猫娘みたいな感じなのでしょうか。なるほどそう考えると親近感が湧いてきますね。

不思議な魅力のあるキャラクターですよね。

そんなキティちゃんも40周年記念になるそうですよ。
子供の頃から見ていたからいつからいたのは知らなかったけど、歴史ありますね。

・・・待って、キティちゃんって40歳?

さすがに”ちゃん”付けで呼ぶのは厳しいのでは・・・・
止めておきましょう。
女の子ですからね。年齢について触れるのは失礼でしたね(苦笑)

さてさて、個人的な意見になりますが、猫でも女の子でもどっちでもいいです。
可愛らしいキャラクターに変化ないですからね。
「可愛いは正義」って言葉もあるくらいだし、このままで全然いいです。

猫でも女の子でも、今後も間違いなく人気者でしょう。
次は50周年だ(`・ω・´)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

千葉県君津市の工場に氷塊が落下した?飛行機に付着していた? [事件&事故]

千葉県君津市植畑の工場に氷塊が落下して屋根を突き破る被害が発生。
飛行機に付着していた氷塊とみられている。


さてさて、この事故についてです。

この話題にはビックリしました。
まずはケガ人がいなくなってよかったです。

一歩間違えば大事故になっていましたね。
さあ、まずはこの事件について報道されている内容についてわかりやすくお伝えします。

――――――――――――――――

この事故が発生したのは2014年8月25日の朝。
君津市植畑の工場に突如として氷塊が降って来ました。

氷塊は張られていたスレート材に7~8センチ程度の穴をあけました。
その際に飛び散った破片の一部が従業員に当たったが、ケガはなかったとのこと。


氷塊の大きさは縦15センチ、横8センチ、厚さ7センチの板状だったとのこと。
かなりの大きさですね。

現在、詳細な調査を行っているところですが、航空落下物の可能性が高いとみています。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――


危なかったですね。

工場に落ちた時点でその言葉を使うのは適切かどうか不明ですが、人に当たらなくてよかったです。
飛行機から落下したとしたら・・・

人間に当たったら最悪の事態も十分に考えられるでしょうね。

そういった意味合いでは被害者がでていなくてよかったです。
最近は飛行機事故が多いですね・・・

飛び交う便が増えたからなのか、それとも安全性よりも価格を重視した結果なのか。

気になるのは責任の所在ですね。

航空会社の責任となるのでしょうか?

工場としてはまるで落ち度はないわけですし、屋根を壊されているわけですから当然弁償してほしいところでしょうね。
やっぱり航空会社ですかね。

そして気にあるのがこの事故の再発防止です。

・・・再発を防止することは難しいでしょうね。

こういった事故があると都内上空を飛行してもいいというような話も流れるでしょうかね。
どうにかして再発防止をしてほしいですね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

声優の無断撮影&付きまといに事務所が注意!声オタなら声優に迷惑をかけるな! [サブカル]

人気声優である悠木碧や茅野愛衣、岡本信彦などが所属するプロ・フィットが公式サイトで悪質なファンに自粛を呼びかけた。
声優の入待ちや出待ち、さらには付きまとい行為も多数報告されているとのこと。


これはダメですよ。
今回は声優の話題となりますが、いくら相手が有名人だからと言ってやっていい事と悪い事があります。

これも有名税かもしれないですが・・・

付きまといや無断撮影はマナー違反すぎですね。
むしろファンだからこそ、声優オタクだからこそ守らなければならないところじゃないでしょうかね。大体、憧れている人に迷惑かけるのって本末転倒でしょう。

さて、まずはこの報道についてわかりやすくまとめていきましょう。

――――――――――――――――

芸能事務所のプロ・フィットが一部ファンによる声優に対して自粛をサイトで呼びかけました。

サイトの情報によると、収録スタジオにおける出待ちなどが多数見受けられるほか、無断撮影や付きまとい行為も報告されているとのこと。
事務所では近隣住民や他の出演者の迷惑となるだけでなく、トラブルや事故につながる可能性もあるので「ご遠慮いただきますようよろしくお願いいたします」としています。

さらに、今後も同様の行為が見受けられた場合は対処をすると警告しています。
サイトではマナーを守ってくれているファンに配慮しているが、一部の方の行動を非難する内容となっています。

それだけ深刻な状況であることがわかりますね。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

ダメな行為ですよ、絶対。
マナー違反は迷惑をかけるだけです。人それぞれ応援の仕方があるのはわかりますが、応援するべき相手を怯えさせるとかありえないです。出待ちとかは他の業者の方にとっても邪魔で不愉快でしょうからね。

事務所の判断はよかったと思います。

最近の声優はアイドル的な見方をされることが多く、男女ともにその人気はかなりのものです。
放っておいたら事件が起こる可能性あったと思います。

そういえば、前にどこかの人物が声優の家を発見するなどして大騒動になったことがありました。プライベートを覗きたかったのでしょうね。
まあ、当然のように捕まりましたけど(苦笑)

大体、無断撮影&付きまといは本物ファンがする行為じゃないですよね。
ファンなら堂々とイベントの場で接し、適切な距離を保って応援するものだと私は考えています。

・・・けれど、これって効果ありますかね?
最近はTwitterなどで店に有名人が来たことがすぐに拡散されてしまうような時代です。
事務所の判断はよかったのですが、警告くらいでは弱い気もしますね。

なにか事件に発生する前に具体的な手を打たないと危険な気もします。
無論、これは声優にかぎらず有名人全般にいえることですがね。

あれですかね、最終的には自己防衛になっちゃうんですかね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -
- |2014年08月 |2014年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。