So-net無料ブログ作成
検索選択
事件&事故 ブログトップ
前の10件 | -

マックナゲット事件再び?異物混入で販売停止か? [事件&事故]

マクドナルドのチキンナゲットに異物が混入。
混入したのはビニールのようなもの。


さて、今回はこの話題についてです。
最近は食品に異物が混入するという事件が続いています。

今回もそういった耳の痛い話題ですね(´・ω・`)


食品は安全を徹底してほしいというのが消費者としての考えなのですが・・・
こういった事件が続くのは残念ですね。

しかも、またマクドナルドです(苦笑)

では、この件について詳しく触れていきましょう。

――――――――――――――――

マクドナルド三沢店で1月3日に販売したチキンナゲットの中に異物が混入していたことがわかりました。
1月4日に判明しました。

原因については不明です。

異物が混入していたナゲットは3日の夜に販売し、購入者が1個を口に入れると長さ数センチのビニールのようなものがはいっていたようです。

購入者はその日のうちに店に申し出たとのことです。
購入した25歳の会社員の男性はインタビューでびっくりしたと話しているようです。


販売についてですが・・・

原因が不明のためにナゲットは販売を停止していません。

問題となったナゲットはタイにある加工工場で一次加工したものを店舗が仕入れ、各店舗で揚げていたとのことです。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――
これはまた大きな問題となりそうですね。

マクドナルドにとっては非常に苦しいタイミングでしたね。
鶏肉騒動でお客が減っている中でこの問題ですから、印象は悪くなります。


個人的な意見なのですが、販売停止にしないのが謎です。

原因がわかるまでは販売を停止するほうがいいと思いますけどね。
ペヤングの1件もありますから、慎重に対応したほうがいいではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

冷凍パスタがゴキブリ混入で回収!ゴキブリが混入した理由は? [事件&事故]

日清食品の冷凍パスタが回収。
ゴキブリが混入したという噂があるけど、実際はどう?


さて、今回はこの話題についてです。
冷凍パスタにゴキブリが混入して回収というニュースについてです。


またか・・・

というのが印象です。

先日にペヤングでゴキブリ混入騒ぎが出たばかりで、今度は日清食品での騒ぎです。
しかし冬にゴキブリ騒動が相次いでいるとは不思議ですね。

では、この話題について詳しく触れていきましょう。

―――――――――――――――

日清食品は12月10日、同社の冷凍パスタを回収しました。
その理由は商品にゴキブリが混入したというものです。

同じ時期に製造された商品の回収を始めると発表しました。

その数は74万6000食分です。

その商品とは「日清スパ王プレミアム ブロッコリーの入った海老のトマトクリーム」です。
消費者からの指摘が相次いで発覚しました。



何故ゴキブリが?


最近になってゴキブリ混入が増えていますね。

今回のケースでは具材に使用している野菜から混入したと見られています。

しっかりとチェックしてほしいですね(´・ω・`)


製造日は10月21日ですが、日清食品では10月にこのラインで製造したパスタ3商品を回収します。

商品を着払いで送ると、商品代金相当の金券を変装します。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

これは嫌な話題ですね。

評判が落ちるのは仕方ないでしょうか。

ただ、回収と言われてもこまりますね(苦笑)
気付かないで食べちゃう人もいるでしょうからね。

大体、一緒に茹でられていたかもしれないと考えたら今後はちょっと考えちゃいますね。

最近はゴキブリ混入が多くて怖いです。

衛生面に関しては徹底してほしいところですね。
過去にTwitterなどで不衛生な場面とか見て不快な気持ちを持っている消費者も多いので、気を使ってほしいところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ペヤングが自主回収を指導!その理由はゴキブリだった? [事件&事故]

インスタント麺の「ペヤング」が自主回収を指導。
その理由はどこにあるの?


さてさて、今回はこの話題についてです。
誰もが食べたことのあるインスタント麺といえば、ペヤングの焼きそばですね。


私もよく食べましたね(苦笑)


インスタントならではの魅力というか、普通の焼きそばとは違う気分の日に食べたくなります。
ホントに美味しいですよね。

とまあ、余談は置いておくとして・・・

そのペヤングが自主回収になりました。
今回はその理由について触れていきたいと思います。

――――――――――――――

12月3日、群馬県の保健所が「まるか食品」の本社工場に立ち入り調査をしました。
そして、ペヤングが自主回収を指導しました。

その背景には同社の製品から虫が出てきたことにありました。


該当した商品は「ペヤング超大盛焼きそばハーフ&ハーフ激辛」で、ある人物がツイッターで登校したことがきっかけです。
内容は「ゴキブリがいた」というものでした。

ホントだったら怖すぎますね(笑)


この事件についてまるか食品側は「製造過程で混入した可能性は考えられないが、早急に原因を究明したい」としています。
ちなみに自主回収についてはまだ考え中とのことです。

もし、自主回収するのであれば「ハーフ&ハーフ激辛」が対象となるようです。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

これは凄い騒ぎになりましたね。

さて、真実はどうなのでしょうかね。
ツイッターでアップされたので正直なところ真偽については不明ですね。

話題を集めたくてわざと自作自演した可能性もありますし、本当に混入していた可能性もありますね。
事実はまだ不明ですが・・・・

今後の展開が楽しみですね。

どちらにしても更に大きな騒動となりそうですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

与沢翼と蝶乃舞の事件ってなに?サイアオジサンって誰なの? [事件&事故]

秒速1億円を稼ぐと言われた与沢翼がシンガポールで会社を設立。
破綻の引き金とも言われる事件って?


さてさて、今回はこの話題についてです。
与沢翼さん関連ですね。


ご存じの方も多いと思いますが、インターネットビジネス業界の風雲児と言われていた人物です。


秒速で1億円稼ぐ男としてメディアにも取り上げられていましたよね。
けど、秒速で1億円って年間でどれくらい稼いでいたのか気になる(笑)

彼女が多数いるなどの報道もあり、順風満帆な生活を送っていた与沢さんですが・・・・
ある日のニュースで”破綻”という言葉が目に入って来ました。

あれにはビックリしましたね。
ただ、その裏には何やら事件があったようです。

今回はそこに焦点を当てていきたいと思います。

――――――――――――――

●事件について●


この事件ですが・・・
もう1人の人物が出てきます。

蝶乃舞さんという方です。

凄い名前ですが流石に本名じゃないみたいですね(苦笑)


この蝶乃舞さんと与沢さんは一緒に事業を起こしたようです。

インターネットビジネスやアフィリエイトを教える「IBS」という塾のようなものを設立しました。
ただ、この塾の生徒たちが稼げなかったようです。塾生が作成したブログも削除されてしまったとか。


塾生のブログ削除&全然稼げない


これが事件と呼ばれるようになりました。
確かに塾生たちのブログが全削除されたら大きな事件ですよね。インターネットでのビジネスを学びたかったのに、いきなり削除ですからね。




●サイアオジサンって誰なの?●


この事件と一緒によく検索されているのが「サイアオジサン」という単語でした。

これも人物の名前です。

サイアオジサンは与沢さんの弟子であり、失業して困っていたところインターネットビジネスに手を出したようです。
与沢さんの公認の弟子だそうです。

ただ、与沢さんの破綻報道がされた以降は消息がわかっていない状態です。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

こういった背景があり、破綻していったのですね。

ただ、一度は破綻した与沢さんが復活という報道がされていますね。
シンガポールでアプリの会社を設立したようです。

失敗したとはいえ、秒速で1億を稼ぐノウハウというかスキルがある方なので復活は時間の問題でしょう。

以前にホリエモンこと堀江貴文さんも似たように失敗して・・・
現在では復活していますからね。


今後の活動に目が離せないといったところでしょう(*'ω'*)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

羽生結弦選手のアクシデントはわざとだった? [事件&事故]

中国で行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ。
演技前の練習で中国の選手と激突して怪我をするアクシデントが発生。
これがわざとだった?


さてさて、今回はこの話題についてです。
フィギュアスケートの羽生結弦選手ですね。

怪我が心配されますね。
接触して流血したことも怖いですが、肉離れを起こしていたという報道がありました。
こちらは長引くかもしれないですね。


などと心配していたら、ある噂がありました。


接触事故がわざとだったのでは、という噂です。
さすがにそれはないだろうと思ったのですが、一応調べてきました。

――――――――――――――

日本時間の11月8日に開催されフィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦。
中国で行われた試合ですね。

この試合の演技前の公式練習で中国のフィギュア選手である閻涵(エンカン)と羽生選手が接触。

どちらもケガをするというアクシデントに見舞われました。
羽生選手の流血については見た方も多いでしょう。


しかし、この後にどちらもフリーの演技に挑みます。


アクシデントのためか、両選手共にパフォーマンスは普段よりも悪かったように感じました。
羽生選手は痛々しい姿ながら、懸命の演技で堂々の2位でした。


日本に感動を届けたのですが・・・

その裏である噂が囁かれています。

それは中国の閻涵選手がわざと衝突したのでは?

という噂です。

優勝候補である羽生選手にぶつかってきたというのは一応は筋が通っているようですが、これはデマでしょうね。
今回はどちらもダメージが残った結果になりましたが、最悪の事態もありえる衝突でした。

このようなリスクを冒す可能性は低いでしょう。
また、羽生選手は中国で大人気です。
今回の騒動後も中国のネットからは「申し訳なかった」や「感動した」といった書き込みが多数あったようです。

活躍すれば中国の方も喜ぶのに、わざわざ衝突しに行くことは考えられないですね。
ただの事故でしょう。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

しかし、その後の演技でしたが・・・

あれは大丈夫だったのかな?

脳震盪を起こしていたらしいので安静にしていたほうがよかったのではないかと思います。
会場に来てくれたファンへの恩返しでしょうかね。

最後まで演技したのは立派でしたが、体には是非とも気を付けてほしいところです。

今後の活躍に期待したいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

冨田尚弥の弁護士が冤罪を主張!弁護士の名前は? [事件&事故]

冨田尚弥と弁護士が冤罪であることを主張。
そういえば、弁護士って誰なの?


さてさて、今回も話題になっている富田選手についてですね。
防犯カメラの映像が公開されないことで世論も迷っているところですね。

双方の主張が食い違っていますね。
相変わらず平行線というか、進展がない状態です。


防犯カメラの映像を公開すればはっきりするのにね(笑)


これでは憶測でものを言うしかないですが、富田選手にとっては文字通り人生が掛かっていますからね。
しっかりと調査をしてほしいところです。

今回は視点を変えて弁護士について触れていきたいと思います。

弁明会見とか、富田選手の発言などについては弁護士と相談を行ってのことでしょう。
こういった件に関しては弁護士の存在は重要になりますからね。

――――――――――――

11月5日の会見で富田選手と弁護士が冤罪を主張。

アジア大会中の9月25日にプールサイドで練習を見ていたところ「後ろから左手をつかまれ、バッグから手を放して振り切ったときに変なものを入れられた」と説明しました。
その人物は「緑色のズボンをはいたアジア風の男」とのことです。

罪を認めてしまたことについては「認めれば罪が軽くなり、大事にはならない」と言われたから認めたと説明しました。


富田選手の弁護士である国田武二郎弁護士は、アリバイがあると主張しました。
犯行時刻とされる時刻には練習していたとのことです。

ちなみにこの国田武二郎は「あすなろ法律事務所」の所長。
CMなどで何度か見かけたことのある法律事務所ですね。


この事件はどのような方向に行くのでしょうか。
冤罪なのか、それとも富田選手の嘘だったのか・・・


この国田弁護士が鍵を握る人物であることは間違いないでしょう。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

この事件ですが、ホントにどうなっちゃうのかなと思います。

富田選手の主張が苦しいことは確かなのですが、反日に力を入れている韓国の対応がおかしいのも確かです。

いつもなら日本にケンカ腰なのですが、今回の件に関しては穏便ですよね。
かなり疑問が残ります。

罰金を払って決着したこの事件ですが、国田弁護士はなにか勝算があるのでしょうか。

見守っていきたいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

競泳の富田選手の無罪を証明するには防犯カメラがあればいい! [事件&事故]

競泳の富田尚弥選手が会見を開いて無罪を主張。
はっきりさせるには防犯カメラの映像があればいいのでは?


前回に引き続いてこの話題です。
富田選手についてですね。

注目されているこの話題ですが、実際のところはどうなのでしょうか。
窃盗したのか、あるいは無罪で冤罪なのか。

はっきりしないですよね。

アリバイに関しても証言が食い違っており、混乱が続きます。
富田選手自身の言葉を信じたい気持ちもありますが、タイミングは他にもありました。

では、真実はどうやって導き出せばいいのでしょうか。

――――――――――――――――

競泳の富田選手がカメラを窃盗した事件。
現場は韓国です。


富田選手は当初、この容疑を認めました。
しかし、空港で撤回して日本で弁明の会見をしました。

その会見では・・・

アリバイが出てきました。


カメラが盗まれたとされる10時48分は他の選手と話していたというのです。
10時30分から11時ごろまで、松田選手と雑談していると情報がありました。
その様子を寺村選手も確認したとのことです。

ネットでは「えっ、アリバイがあったの?」という感じで、手の平を返す人も増えています。

しかし、韓国はこれに反論して犯行時刻は11時48分だったと発言しました。


情報が錯綜していますが・・・


防犯カメラの映像を公開したらわかるのでは?


防犯カメラというか監視カメラの映像があるでしょう。
これを公開するのが最も簡単でしょう。

韓国もやましいところがないのなら堂々と公開すればいいですね。


これで冤罪だったら酷い話ですよね。
まあ、富田選手の弁明が嘘だったとしても酷い話ですが。

もっとも、その場で釈明しなかった富田選手にも批判はあって当然でしょう。仮に冤罪であったとしてもそこの辺りはしっかりと謝罪をしてほしいです。

韓国の警察に強く脅されていたとか?

わからない点がまだまだ多いですね。
真実を知りたいので、韓国側にはしっかりとした証拠を提出してほしいです。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――
タグ:競泳 富田
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

水泳の富田選手って冤罪だったの?真実はどうなの? [事件&事故]

カメラを窃盗したとして男子競泳の富田選手が略式起訴処分を受けた問題。
しかし、富田選手は冤罪を主張。


さてさて、この問題です。
大きな波紋を投げかけていますね。

そう、水泳の富田選手です。

アジア大会でカメラを窃盗したとして、大きな騒ぎになりましたね。
ネットでは散々その行為について叩かれていましたが・・・


冤罪を主張しています。
窃盗は働いていないという主張です。

これはどういったことでしょうか。
今回はこの件について触れていきたいと思います。

―――――――――――――――

2014年9月に仁川で開かれてたアジア大会でした。
大会中にカメラを窃盗したとして男子平泳ぎの富田尚弥選手が略式起訴処分を受けました。

当初は富田選手もこれを認めていました。
日本選手団は富田選手を追放することに決定したことは記憶に新しいですね。

しかし、富田選手はソウルの空港で仰天発言をします。

頭を下げたあとで「僕やってないです」と述べました。その後、帰国した羽田空港でも「やっていない」と語りました。
スポーツ報知の取材には「第三者に無理やりカバンに入れられた」と話しています。

11月6日に会見が行われました。

会見では罪を認めてしまった事について「心が弱かった。認めた自分が悪い」と語っています。
また、窃盗騒ぎについては「その場でカメラを返していれば今のような状況にはなかった」と振り返りました。


冤罪を訴えていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

これは実際どうなのでしょうかね。

個人的にはタイミングが悪かったと思います。
冤罪なのか、それとも富田選手が犯人なのかはわからないので保留にしておきます。

しかし、拘束された時に選手団に言えばよかったのではないでしょうか?
帰国直後に会見をしてもよかったのでは?

タイミングを逸したことでちょっと印象が悪いですね。
選手団の団長などに早い段階で打ち明けていれば、と考えたら残念でなりません。

真相が明らかになることに期待したいですね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東村山の失神ゲームで中学生を逮捕!失神ゲームの危険な原理! [事件&事故]

東京都東村山で失神ゲームを行った中学生を逮捕。
この失神ゲームは危険と言われているが、その原理は?


さてさて、この話題についてです。
失神ゲームですね。

先に言っておきますが、この失神ゲームという行為は絶対にしちゃダメです。

大変に危険です。
すぐに影響がないように見えても、後遺症が残る場合もあります。


子供たちの間で流行っているこのゲームですね。というか、ゲームと言えないくらい非常に危険な遊びです。
これはもう”遊び”でも何でもないですね。

ホントに危険な行為です。

では、この話題について詳しく触れていきましょう。

――――――――――――――

●中学生が逮捕された●


東村山市で中学生数人が逮捕。

中学3年生の男子生徒に失神ゲームを強要したとして、同級生などが逮捕されましたね。
男子生徒は7月ごろからイジメを受けていたとのことです。

ちなみに逮捕されたのは同じ中学に通っていた2人と、別の中学に通っていた中学生1人、さらに1人の中学生が補導されました。
いずれも容疑は認めているとのことです。

逮捕は8月9日に失神ゲームを無理やりやらされたことによるものです。
被害にあった少年は非常に苦しい胸をうちを明かしています。


これはもう、ゲームじゃなくて暴力行為だよ(怒)



●失神ゲームの原理●


失神ゲームとは、他人または自分を意識的に失神させるものです。
気絶する遊びとして数十年前からあるものですね。

主に小中学生が遊び、あるいは罰ゲームなどで行うものです。

ただ、これは同意の上であったとしても事件があった際には「傷害罪&傷害致死罪」なども適応されます。


つまり、互いに了解していても絶対にやってはいけない行為です。


集団で行われた場合には暴力行為等処罰法で罰せられます。
今回の場合はこれにあてはまりますね。


原理ですが・・・
要するに脳に酸素を送るのを遮断するというものです。

胸を圧迫するとか、そういう行為です。
しかし、これは脳にマヒが残ったりする可能性がある大変危険な行為です。

―――――――――――――――
スポンサーリンク




―――――――――――――――

私が子供のころも似たような遊びがありましたね。

あまり大々的にニュースならなかったため、密かに広がっている感じでしょうか。
絶対にオススメしないです。

学校で流行っているのならすぐに辞めたほうがいいし、辞めるように忠告しましょう。

最悪の可能性もあります。
これ以上の流行はしないでほしいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

千葉県市原市で再び連れ去り未遂!犯人は誰だ?子供たちを守る対策法は? [事件&事故]

千葉県市原市能満の路上で下校途中の小学1年生の女児が連れ去り未遂。
犯人は若い男であると見られている。


さてさて、今回はこの事件についてです。
最近多くなっている女児を対象にしている事件ですね。

許せないですね。

今回の事件についてこれまでに分かっている内容についてお伝えしたいと思います。
また、犯人についての情報もお伝えしたいと思います。

――――――――――――――

この事件が起こったのは10月1日。
千葉県市原市能満の路上で下校途中の小学1年生の女子が若い男に連れ去られそうになりました。


市原署によると、女子生徒は友人とわかれて1人になったところで後ろから来た男に手を掴まれたとのことです。
女子生徒は防犯ブザーを鳴らしました。

防犯ブザーに気付いた住民が現れ、男は逃走しました。

逃走した犯人は20歳くらいの男性で、身長は170センチほど。茶髪でピアスをし、上下共に黒っぽい服を着用していました。さらに、サングラスとマスクも装備していたとのことです。

市内では6月にも男に連れ去られそうになる事件がありました。
また、9月にも小学6年の男子生徒が連れ去られようになる事件が起きました。

犯人はいまだに逃走中です。

――――――――――――――――
スポンサーリンク




――――――――――――――――


この事件ですが、いろいろと意見があると思います。

個人的な意見ですが、これはもう予算を出してでも全員バスで登下校させるのがいいのではないでしょうか。
また、防犯ブザーを子供たち全員に所持させる。


こういった手段はどうでしょうかね。


強引すぎる手段かもしれないですが、親同伴での登下校もありではないでしょうか。
大事なのは子供の生命ですからね。

犯人の早期逮捕を期待したいですね。
最近、この地域では連続している連れ去り未遂ですが・・・

同一犯でしょうか?

どちらにしても早期の解決が求められます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - 事件&事故 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。